目がまぶしい|佐賀県鳥栖市の眼科は≪運天眼科クリニック≫

メニュー

  • トップページ
  • 診療のご案内
  • 院内施設
  • 医師・スタッフ紹介
  • アクセス
  • 目でお悩みの方へ

当院ではコンタクトレンズの処方を行っております。

さくらコンタクト(運天眼科併設店) お取り扱い商品はこちら

当院のご案内

佐賀県鳥栖市元町1247-7
JR鳥栖駅より徒歩約15分、鳥栖郵便局が目印です。
駐車場完備しております。

目でお悩みの方へ

自分で目の病気をセルフチェックしてみましょう。当てはまる症状をクリックしてご覧ください。
これは医師による診断ではありませんので参考・目安としてお使いください。

まぶしい

電灯の光や、屋外の光がまぶしく感じられる場合、疲れ目やドライアイ、角膜の障害や結膜炎などが考えられます。慢性的にまぶしさを感じるのであれば「白内障」など水晶体に起きている可能性もありますので注意が必要です。充血を伴って視力の低下も感じるようであれば「虹彩炎」の可能性もあります。

【疲れ目】
一時的な目の疲れで、十分な休憩と睡眠を取って目を休ませると目の疲れは回復します。
ただし、「疲れ目」と思っていてもドライアイなどの可能性もありますから、自己判断はしないでください。
【ドライアイ】
目の表面は涙の層で覆われていますが、長時間パソコンのモニターや携帯電話の画面など見ていると瞬きの回数が減ってしまいます。そうなると涙の量が減ったり、質が変化し、潤いが足りなくなります。涙は目の結膜や角膜を潤し、ごみや細菌などを洗い流しているので涙が不十分になると、目の表面が傷つきやすくなります。悪化すると視力の低下や、目の感染症などにもかかりやすくなります。
【角膜の障害】
黒目に該当する部分を覆っているのが「角膜」です。「角膜」には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、「物を見る」時、角膜から入る光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがあります。角膜は無色透明ですが、角膜の病気で透明性が失われたり、変形してしまうと視覚に障害が起こることがあります。
【白内障】
目のレンズの役割を果たしている水晶体が、様々な原因で白く濁って来るものが「白内障」です。
水晶体が濁ると目から入ってくる光が通過できなくなったり、乱反射して網膜の上に鮮明な像を結べなくなる等、視力が低下します。
【虹彩炎】
虹彩はぶどう膜の一つで、瞳孔の大きさを調整しています。目をカメラで例える場合、カメラの絞りに相当します。
「虹彩炎」はこの虹彩に炎症が起こったものですが、多くの場合はぶどう膜の一つである毛様体にも及び、症状は進行してします。おもな原因としては外傷、ウイルス感染、アレルギーなどが多いようですが、重症の場合は失明の危険もありますので注意してください。

注意
当コンテンツは医師による診療行為ではありません。あくまで参考・目安としてお考えください。
自己判断は危険です。必ず医師の診断を受けてください。
当コンテンツで提供する情報と、医療機関での診断において差異があった場合も、当サイトは一切の責任は負わないものとします。

ページ上部に戻る

Copyright © UNTEN EYE CLINIC All Rights Reserved.