黒いものが見える|佐賀県鳥栖市の眼科は≪運天眼科クリニック≫

メニュー

  • トップページ
  • 診療のご案内
  • 院内施設
  • 医師・スタッフ紹介
  • アクセス
  • 目でお悩みの方へ

当院ではコンタクトレンズの処方を行っております。

さくらコンタクト(運天眼科併設店) お取り扱い商品はこちら

当院のご案内

佐賀県鳥栖市元町1247-7
JR鳥栖駅より徒歩約15分、鳥栖郵便局が目印です。
駐車場完備しております。

目でお悩みの方へ

自分で目の病気をセルフチェックしてみましょう。当てはまる症状をクリックしてご覧ください。
これは医師による診断ではありませんので参考・目安としてお使いください。

黒いものが見える

目の前を小さな虫や糸くずのようなものが飛んでいるように見える場合、「飛蚊症」の可能性が考えられます。シミのような見えない場所が突然できた場合は「眼底出血」や「網膜はく離」などの疑いがありますので注意してください。

【飛蚊症】
飛蚊症は目の前を小さな蚊が飛んでいるように見えたり、糸くずや髪の毛が飛んでいるように見えたりするもので、白い壁や空などを見ているときに自覚することが多いようです。眼を動かしても一緒に動いて消えません。
目の球形を保っているのは中心にある硝子体と呼ばれる部分で薄いゼリーのようなゲル状をしています。年齢とともに硝子体が液化していくと飛蚊症が起こりやすくなります。加齢とともに起こる症状で問題のないこともありますが、重大な病気の一症状である可能性もあるので注意が必要です。
【眼底出血】
眼底は目から入った光が突き当たる眼球の奥の事で肉眼では見えません。この眼底に出血がおこるものが「眼底出血」と言われ網膜から硝子体に見られる出血を言い外からはわかりません。眼底出血の主な原因としては「網膜裂孔」や「ぶどう膜炎」の目の病気だけでなく、糖尿病、高血圧、動脈硬化などの可能性もあり重大な病気が潜んでいる可能性もあるので注意してください。
【網膜はく離】
物を見る時、目に入る光は角膜・水晶体を通り、そこで屈折して網膜に像が映し出されます。網膜で感じとられた光の刺激が視神経を伝わって脳へ届き「見える」と認識されます。目をカメラで例える場合、網膜は「フィルム」に例えられます。
網膜はく離は何らかの原因で神経網膜がはがれて硝子体の中に浮き上がってしまうことです。急激な動きやストレスなどの精神的な緊張などで剥離が広がることもありますので注意が必要です。

注意
当コンテンツは医師による診療行為ではありません。あくまで参考・目安としてお考えください。
自己判断は危険です。必ず医師の診断を受けてください。
当コンテンツで提供する情報と、医療機関での診断において差異があった場合も、当サイトは一切の責任は負わないものとします。

ページ上部に戻る

Copyright © UNTEN EYE CLINIC All Rights Reserved.