目が疲れる|佐賀県鳥栖市の眼科は≪運天眼科クリニック≫

メニュー

  • トップページ
  • 診療のご案内
  • 院内施設
  • 医師・スタッフ紹介
  • アクセス
  • 目でお悩みの方へ

当院ではコンタクトレンズの処方を行っております。

さくらコンタクト(運天眼科併設店) お取り扱い商品はこちら

当院のご案内

佐賀県鳥栖市元町1247-7
JR鳥栖駅より徒歩約15分、鳥栖郵便局が目印です。
駐車場完備しております。

目でお悩みの方へ

自分で目の病気をセルフチェックしてみましょう。当てはまる症状をクリックしてご覧ください。
これは医師による診断ではありませんので参考・目安としてお使いください。

みえにくい

見えにくいという症状でも、ピントが合わない場合は近視や遠視などの「屈折異常・調節異常」、視野の一部が欠ける場合は「網膜はく離」や「緑内障」などの可能性が考えられます。またものがゆがんで見える場合は「変視症」といいます。
いずれも自己判断はせず、専門医に診断してもらう必要があります。

ピントが合わない

【屈折異常】
物を見る時、目に入る光は角膜・水晶体を通り、そこで屈折して網膜に像が映し出されます。目は毛様体という部分で水晶体の厚さを調節してピントを合わせています。
近視・・・光が網膜より手前に集まって像を結んでしまう為、遠くのものがぼやけて見えます。
遠視・・・光が網膜より後ろに集まって像を結んでしまう為、近くのものがぼやけて見えます。
乱視・・・角膜の表面に歪みがあって外からの光が一点に集まらず、網膜の上にはっきりとした像がつくれない。生まれつきのゆがみが原因の場合が多いですが、傷や潰瘍などの後天的な原因で角膜に歪みができることもあります。
老眼・・・水晶体の老化により光の屈折を補正する働きが衰えてピントがあわなくなってしまい見えにくくなります。

視野の一部が欠ける

視野の異常は両目に一度に起こることはほとんどないので、片目に異常が表れても、もう片方が補おうとするため気づきにくい症状です。また「脳卒中」「脳腫瘍」などの脳の病気の表れであることもあり注意が必要です。
【網膜はく離】
物を見る時、目に入る光は角膜・水晶体を通り、そこで屈折して網膜に像が映し出されます。網膜で感じとられた光の刺激が視神経を伝わって脳へ届き「見える」と認識されます。目をカメラで例える場合、網膜は「フィルム」に例えられます。
網膜はく離は何らかの原因で神経網膜がはがれて硝子体の中に浮き上がってしまうことです。急激な動きやストレスなどの精神的な緊張などで剥離が広がることもありますので注意が必要です。
【緑内障】
何らかの原因で視神経に障害が起こり視野が狭くなる病気が「緑内障」です。目の形は目に栄養を運ぶ房水の圧力によって保持されていますが、房水が排水されない・排水されにくい状態になると、眼球中の圧力(眼圧)が高くなり、視神経に障害が起こります。視神経に障害が起こり、少しずつ視野が狭くなっていきます。通常は自覚症状がほとんど無いことから進行に気づかない事が多いですが、急性の緑内障では目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こすことがあります。一度障害の起きた視神経は元には戻せないので早期発見・早期治療が必要です。

注意
当コンテンツは医師による診療行為ではありません。あくまで参考・目安としてお考えください。
自己判断は危険です。必ず医師の診断を受けてください。
当コンテンツで提供する情報と、医療機関での診断において差異があった場合も、当サイトは一切の責任は負わないものとします。

ページ上部に戻る

Copyright © UNTEN EYE CLINIC All Rights Reserved.